螺子/初音ミク


螺子/初音ミク   作詞/作曲 izumi 

 寒い部屋で 探してた 明日を・・・ 

 きっと僕はみつけられないから 

 

突然なったオルゴール 

 「ねぇ、僕の心にも螺子を巻いて・・・」 


 ギリギリと螺子の音。 耳の奥が痛い 

 忘れたい思い出が、目の前で笑った 

 ただすぎて いけばいい 弱い僕はただ・・・ 

 忘れたい痛みが ほら、今ここで散った。 


 暗い部屋で 小さく囁く 

 膝を抱えた 僕をただ、責めてた 


 鳥のようにね飛べたら

 ゛ねぇ、あの空の向こう 行けたらいいなぁ" 


 ギリギリと螺子の音。 胸の奥が痛い 

 鳴り出した鐘の音 何故か心 揺れて 

 僕の中 響いては 散らかりだすから 

 忘れてた 光がまた 輝きはじめた 


 寒い部屋で___。

midnight"tea"party

music/lyric vocaloid

0コメント

  • 1000 / 1000